新着情報

2013年8月22日 スローライフに関する商品について

スローライフに欠かすことが出来ないテーマには、人の生活の癒しや健康です。 よって、インターネット上にもスローライフを実現するための沢山のショップが開設されています。 そのショップで販売しているものは、健康にも良い食物を始め、郷土料理、竹酢竹炭、オーガニック用品、天然石鹸、天然洗剤、子供の知育用の玩具まで沢山の商品にまたがります。 健康に関連することではサプリメントや青汁といった商品もあります。 癒しについては生活のインテリア商品に家具、寝具といった商品で大量生産によって製作されるものでなければ何でもが総て該当することとなります。 またスローライフをテーマにしたゲームや本も販売されています。 特にゲームといったデジタルでスローライフを体感するといったことも時代性を反映してある意味、興味深い印象を受けます。 そのため、スローライフの言葉の持つ懐の深さが理解できることとなります。 なおこのスローライフに関する商品の売れ行きにおいては、近年は他にはない伸びを示しています。 テレビで放映されると口コミでも広がり、一時的に殺到するといった商品も珍しくありません。 それだけ人々の話題にものぼりやすい商品となり、今後もこうした商品を中心に購入されることが多くなるはずです。 つまり我々の生活の中でも、そういったスローライフの関連商品が多くなり、欠かすことが出来なくなる身近な存在となりつつあります。

大人への道のり

日本では現在、20歳を超えると正式に「大人」として扱われ、 成人式という大人への仲間入りを果たしたお祝い事があります。

この年からタバコ・お酒など、法律的に解禁になります。 少し話は逸れますが、沖縄などの成人式はある意味有名ですね。 私もよくテレビで、毎年恒例のように見てます。

しかし20歳といえば、中学や高校を卒業して働いてる方いると思いますが、 大半がまだ大学などの学校に通っている学生ですね。 国によっては18歳から成人と認めてる国もありまして、 昔の日本も「元服」と言って14歳~15歳では一人前の大人として扱われました。

今は20歳になれば、誰でも自動的に大人になれますし、誰もが確実に通る道であります。 ただ、20歳になれば本当に大人になるのでしょうか? 確かに法律上は大人でありますが、 私も含めて20代の方は、年上の方(30代や40代)と接すると、 自分が非常に子供に思えてくる機会が多々あるのではないかと思います。

それはなぜなんでしょう? これはシンプルにやはり責任感の違いだと思います。 若いうちはやはり、責任感を感じる事が少ないですが、 歳を重ねるにつれて、 結婚する方は家族を支える責任感。 仕事では部下を束ねる責任感。など、非常に多くの場面に直面します。

ほかにも、言葉の前置きの「恐れ入りますが」や、 名刺の渡し方一つでも色々なルールが存在します。 このように煩わしさや、しがらみの中で生きているのです。

そうやって苦労して乗り越えた人生が、 顏の皺や行動や発言に影響してくるのです。 まぁ30歳になっても40歳になっても大人げない方もいますが...。

ただ大人には大人の楽しみ方があり、子供のままでは楽しめない事がいっぱいあります。 簡単には、自分で選択する事ができます。 「親が」「学校が」など一切ありません。 全て自分で判断して、自分で行動することが出来るのです。 当たり前かもしれませんが、自分で稼いだお金で、自分の好きなように使う事も出来るのです。 責任が取れるから自由なのです。

しかし考え方や、価値観も人それぞれですよね。 楽しくて仕方無いと言う人も居れば、辛さに負けて、自殺願望の人もいます。 日本でも年間3万人の方々が自殺でお亡くなりになっています。 ストレスで、過労でなどやはりあるでしょう。

しかしせっかくの1度きりの人生ですから、大人の楽しみを見つけて、 子供にはない大人の余裕を持って、有意義で夢のある人生をお互い楽しみましょう!!

ここ最近知ったのですが、私の同級生で成人になった途端に 札幌の風俗求人ランキングで仕事を探したらしいです。 今は当時風俗求人で見つけたそのお店に勤めているらしく、 結構長く勤めているとのことです。 札幌の風俗求人ランキングの仕事は癖のある仕事だとは思いますが、 ある程度お金を貯めるという将来のための目的があるらしく、 責任感を持って続けているのだと思います。 成人したからこの仕事をしているというより、 大人になったからこの仕事を選んだのではないのでしょうか。 同い年ですが、私よりも彼女の方がずっと大人に感じます。